YouTubeでキャンプとVR動画配信中▶️

Kindleって誰でも簡単に本出せる!ボクが書いたクソ小説を出版します!

近々、Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング(自費出版)でクソ小説を出します。まあ自費出版といってもほぼお金はかかってませんが。「ド素人が書いたクソ小説にお金を払って買い求め、2度と戻ってこないかけがえのない時間を費やして読破したい!」と日頃から願ってやまない変態にはうってつけな一冊です。

小説自体は数年前に脳内電波が乱れたときに書いたもので、それを改稿して出版します。改稿自体は終わっていて、今は校正してる段階です。

ただ、校正して直してまた校正するとまたミスが見つかる、という壁打ちラリーを何度も繰り返していて、終わりがまったく見えない迷いの森状態です。そうこうしてるうちにスプラトゥーン2が発売され、そうなるとクソ小説の校正なんてそっちのけでスプラトゥーン三昧になってしまい永遠に出版されない可能性すらでてきました。

小説の表紙は某マンガ家に執筆依頼!

 


表紙は某マンガ家の方に描いていただきました。まさか描いてもらえるとは! これが今年一番うれしかった出来事です。味のあるいい表紙ができましたよ。AVメーカー勤務なのでパッケージには力入れました! うんこでも桐の箱に入れたら立派にみえるものです。

次の出版計画

小説以外にもいろいろ出版して知人に売りつけてやろうと計画中です。今年中にやりたいのは、ネット各所で書き散らしたクソ文章を一つにまとめた、題して『電子のウンコ』。あとは、泥棒から銀行預金を守るためアナルに実印を隠してる人に向けたセキュリティーホールの実態なんかも一冊にまとめて出版したいですね。個人がほぼ無料で自由に出版できるってほんと面白い時代!

小説出版したら改めてお知らせいたします。
読まなくていいから必ず買ってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です