YouTubeでキャンプとVR動画配信中▶️

インジゲーター「パラボリック」を活用して仮想通貨の売り買いポイントを見極め手堅く利益を確保しよう!

どうも喜多郎(@kitaro38)です。

2018年6月はBTCおよびALTコインが上昇する周期だと予想してました。

底で仕込んで、上のトレンドラインにぶつかった所で売り抜いて年間生活費を捻出する予定でしたが見事にハズレ。

2018年6月の仮想通貨は下げ相場となりました。

BTC日足チャート

さて、7月に入ってBTCは底打ち感を漂わせています。5月から止められ続けたトレンドラインを抜け、日足のパラボリックも反転。現在はヨコヨコ待機中。

BTC3日足チャート

3日足のパラボリックもあと少しで上昇へと転じます。そのことからBTCそろそろあがるんじゃね?と期待してます。

パラボリックとは?

パラボリックとは、RSIピボットの考案者でもあるアメリカのJ・W・ワイルダーというトレーダー兼トレーディング・システム開発者によって作られた、トレンド追随型のテクニカル指標です。

SAR(ストップアンドリバース)という数値を使用して、大きなトレンドを見る上で役に立つ指標となっています。

相場のトレンド転換点を計る指標で、常に買いか売りのポジションを持ついわゆる「途転(どてん)」のシステム。途転のポイントは、相場の値動きとSARが交差した地点なので一目でわかります。

実際にチャートで見てみましょう。

BCH 3日足チャート

 

BCH3日足チャートです。ロウソク足の上下に青い点がありますね。これがパラボリックです。

パラボリックがロウソク足の下側にある場合が上昇トレンド、ロウソク足の上だと下降トレンドを表します。

白丸が上昇に転じたポイントで、赤丸が下降に転じたポイントです。パラボリックがどちらかに反転した時が売り買いのポイント。

チャートは時間軸が長ければ長いほど信頼度が増します。パラボリックも同じように分足より時間足、時間足より日足の方が信頼度が高い。

上のチャートを見てみましょう。BCH3日足のパラボリックは強力で、上昇に転じた時点で買い、下降に転じた時点で売れば、最初のポイント以外は全て利益を出すことが可能でした。

パラボリックは確実に機能するわけではないですが、トレンドを読んだり売り買いする上での指標としてはとてもわかりやすくて使いやすいので、ボクと同じような初心者の方にはオススメです!

パラボリックの確認方法

Ttrading Viewはあらゆるチャートをチェックできます。無料でも誰でも活用可能。

チャートを開いて、インジゲーターを選び「パラボリックSAR」と検索すればできます。

Ttrading Viewの使い方がわからない人は下記サイトで丁寧に紹介されているので参考にしてください。

チャート分析の決定版!「トレーディングビュー(Trading View)」の使い方 基礎編

取引所のチャートでインジゲーター機能を搭載している場合も同じように「パラボリック(parabolic)」で検索すれば出てきます。

気になるコインの過去の値動きにパラボリックを反映させて、精度や傾向をチェックしたり、今後の売り買いポイントの指標として参考にしてください。

7月の仮想通貨は上昇相場へ転じると予想!

仮想通貨の相場に大きく影響するBTC。こいつが暴落すればすべてのコインがつられて暴落していきます。まだまだ予断を許さない状況で、いつBTCの暴落が来てもおかしくない。

BTCのパラボリックは日足が上昇に転じており、あと少しで3日足も反転しそうです。さらに週足も反転すれば強い上昇を見せ、仮想通貨全体も盛り上がっていくことでしょう。

BCHの3日足パラボリックが反転すればこれはもう買うしかない!

ボクはBTC日足パラボリックが反転した段階で、BCHを結構仕込んでしましました。現在、若干含み損が出ております・・・。

まあBTCが強い暴落をしない限りは損切りせずホールドして様子みようと思います。

とりあえず上げてくれー!

2018.07.18追記

BTC3日足のパラボリックが反転しました。

BTC3日足

BTCは強い上昇を見せています。時間をかけて一旦上のトランドラインまで行くんじゃないでしょうか。半年以上守られてきたトレンドラインをもし抜けられたなら、もう祭りです。いけいけー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です