YouTubeでキャンプとVR動画配信中▶️

宇野常寛VSカジサック炎上問題について感じたこと

評論家の宇野常寛さんがYouTuberカジサックから悪質な嫌がらせを受けたとツイッターで告発して騒動となりました。

その後「告発を根に持ったカジサックとそのファンから、執拗な攻撃を受けている」と宇野さんはツイッターで明かし、改めて詳しく当日の経緯も明かしました。

ことの経緯を簡単に説明すると、ホリエモン万博の大縄跳び対決みたいなイベントで宇野常寛と梶原雄太(カジサック)がゲスト出演。
カジサックが縄跳び飛べない宇野をイジリまくった。それが頭にきて宇野はイベントを途中退場した、という感じです。

宇野さんの言い分

 

当日の模様の一幕

動画を見る限り、まあ楽しそうにやってるように見えるけど、宇野さんはめちゃくちゃ頭にきてたんでしょう。

 

外野の意見

イケハヤさんは宇野さん擁護する動画をアップ。

宇野常寛VSカジサック問題について感じたこと

ボクは基本的に芸人が好きなので、どうしても芸人寄りの視点になってしまいますが感想を。

「笑い」を求めるのが芸人の本能。特定の人物が多少傷つこうが、笑いを優先するのが芸人だと思います。ギャラをもらっている以上、イベントを盛り上げて笑いを取らなければならないという使命感もある。だから笑いを取るため縄跳びヘタそうな人や、ヘマした人をイジるのは当然のことだと思います。当たり前ですが、こいつを傷つけてやろうとか、ヘコませてやろうなんて気持ちはさらさらなかったでしょう。

芸人の本能に従い笑いをとるため、カジサックがやったイジリ行為に、宇野さんは我慢ならずイベントを途中退場しました。ボクは宇野さんは宇野さんで悪くないと思う。嫌なら帰ればいいと思います。

客として見る分には出演者が怒って途中退場とか最高じゃないですか。ボクとしては予定調和なイベントよりも、人の感情があらわになったイベントのほうが緊張感あって見てて面白いし。

カジサックはこの炎上案件に口を閉ざしてる様子。おそらく吉本から釘を刺されているのでしょう。芸人としてカジサックにはこの炎上案件を笑いに変えて処理してもらいたいですね。

宇野さんは「笑いをなによりも優先するのが芸人」ということを念頭に置いて、今後のイベント出演などを考慮してもらいたいところ。

この件によって宇野さんの周りの人は気を使いますね。日常生活のコミュニケーションの1つとしてもイジリってあるでしょ。

宇野さんが何か滑稽なヘマをしたとき、「笑ったら怒らせちゃうかも…」って考えちゃいますからね。滑稽なヘマを真顔で受け止めなきゃいけない。笑ってはいけない宇野常寛状態。

まあ関係性ができてる間柄のイジリなら平気なのかもしれないけど、なかなか気を使う人だという印象を持たれてしまうでしょう。

今回の件は価値観の違いで生じた騒動だと思います。

芸人がいじって笑いをとるのは当たり前です。それを受けて嫌なら帰るのも正解。「あいつはこのレベルで気分を害するんだな」ということが周りも理解できますし。

で、価値観の違う者同士、軋轢が生まれるので近寄らないことです。

 

芸能関連記事

【FAKEY】日本の芸能人のディープフェイクが見れるサイト

 

人気記事

2019年YouTubeで見れるおすすめグラビアVR動画まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です